Amazon Prime Video

【ネタバレ】『エニシング・イズ・ポッシブル』【Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信】 あらすじ考察感想評価

『エニシング・イズ・ポッシブル』アマプラ独占配信決定!

『エニシング・イズ・ポッシブル』
Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信です!!

ビリー・ポーター監督、シメナ・ガルシア・レクオナ脚本の『Anything’s Possible』。本作は、トランスジェンダーの自信に満ちた女子高生ケルサが、高校3年生になるまでを描いた現代的な青春ストーリーです。同級生のカルは彼女に一目惚れし、波風が立つのを承知で、勇気を出してデートに誘う。その結果、若き日の恋の喜び、優しさ、そして苦しみを描いたロマンスが誕生する。

ふゆねこ
ふゆねこ
トランスジェンダー映画とは違った内容!

 

↓↓↓

【エニシング・イズ・ポッシブル】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

「エニシング・イズ・ポッシブル」のネタバレ感想・考察

【ここからは物語の核心を含むネタバレとなります。閲覧される場合はご注意ください。】

※ただ、このネタバレは本作品を観た管理人が解釈して内容を述べ、映画の断面を捉えてるに過ぎません。興味の沸いた方は是非本編をご覧くださいませ。

↓↓↓

要約

トランスジェンダーのケルサは、同じ高校へ通うカリッドに好意を寄せていましたが、ある日親友のエムから彼女もカリッドのことが好きだと打ち明けられてしまいます。
しかも、それからほどなくしてカリッドから交際を申し込まれ、彼と恋人同士になったことで、激怒したエムとの関係は険悪なものとなってしまいました。
さらにカリッドもケルサへの告白をきっかけとして親友と意見が対立し絶交することになりますが、悩みながらも2人は仲を深めていき、卒業までハッピーな時間を共に過ごしたのでした。

リバーポイント高校に通うケルサは、同じ美術の授業を選択しているカリッドに淡い想いを寄せています。
しかし、大学の入学試験を控えていることや、自身がトランスジェンダーであることから、恋愛沙汰に対しては消極的でした。

しかし、そんな態度が災いしてか、ある日親友の1人であるエムから、数ヶ月前からカリッドのことが好きなのだと相談されてしまいます。
しかも、もう1人の親友・クリスの提案でカリッド宛てにラブレターを書くことになったのですが、ノートの切れ端に「とってもイカしてる」と走り書きされたそれを、あろうことか「渡してきて」と頼まれてしまったのです。

親友たちが期待に満ちた目で見守る中、ケルサは仕方なくその手紙をカリッドへ渡し、インスタグラムのダイレクトメッセージで差出人がエムであることを伝えました。
すると「冗談だよね(笑)」という返信がカリッドから届いたため、ケルサは思い切って「違う。あなたは本当にイケてる」と本音で答えます。
このやり取りがきっかけとなってケルサとカリッドは頻繁に連絡を取り合うようになり、2人の距離は一気に縮まったのでした。

しかしケルサはエムに対する遠慮から、カリッドへの恋心を「そもそも考えちゃダメなこと」として抑え込もうとします。
またカリッドの方も、レディットで「問題は、彼女がトランスジェンダーなこと。悪いって言ってるんじゃない。ただ、心配なんだ。デートに誘ったら大騒ぎになるって。たぶん、友達を失う。それに、両親はきっとわかってくれない。一体オレはどうすればいい?」と不安を吐露するほど、ケルサとの関係を進めることに躊躇いを覚えていました。
それでも互いの気持ちは日増しに強まる一方で、やがて兄弟に背中を押されたカリッドが勇気を出してケルサに告白し、彼らは晴れて恋人同士となったのです。

ただやはりと言うべきか、2人が付き合い始めた件はたちまち噂になり、大きな波紋を呼ぶことになりました。
好きな人を横取りされたと激怒するエムが、カリッドの親友で普段からホモフォビアな発言が多いオーティスにそそのかされ、男性の肉体を持つ人物が「女性専用空間」を利用するのはいかがなものかと言い出し、その結果ケルサは学校側から女性用のロッカーとトイレの使用を禁じられてしまったのです。

このケルサへの仕打ちは人権問題だと見なす者も現れ、大きな騒ぎへと発展します。
流石にやり過ぎたと感じたらしいエムは謝罪の言葉を口にしますが、ケルサは精神疾患を抱えている男だと主張するオーティスは考えを改めず、カリッドと彼は完全に袂を分かつことになりました。

反対にケルサとカリッドの仲はこの一件を経てより深いものとなり、進学により離れ離れになってしまうことを理由に円満な別れを選ぶまで、愛し合うカップルとして堂々と幸せな日々を送ったのでした。

ふゆねこの独断偏見レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
星4.0!!

本作は、トランスジェンダーであるケルサの青春模様を描いた等身大の物語です。
クィアに対する差別や無理解に真っ向から向き合った作品ですが、恋愛や友情、卒業後の進路などに悩む若者たちの姿はLGBTQに関係なく身近で、共感性の高いストーリーとなっています。

また、カリッドがかなりのロマンチストなおかげで、まるで少女マンガの1シーンのようなやり取りが楽しめる点や、ケルサたちのポップで目を引く個性的なファッションも見どころです。

↓↓↓

【エニシング・イズ・ポッシブル】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

error: Content is protected !!