Amazon Prime Video

【ネタバレ】『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』【Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信】 あらすじ考察感想評価

『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』アマプラ独占配信決定!

『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信です!!

2018年に公開され、あの“おっさん赤ちゃん”で世界的な大ヒットを記録した『ボス・ベイビー』。日本においても、興行収入が34億円を超えるなど、子供から大人まで幅広い層に愛され、一大ブームに。そして、その待望の続編となる『ボス・ベイビーファミリー・ミッション』が、ついに日本上陸!!

あれから25年。ボス・ベイビーは見た目も中身も“エリートビジネスマン”になり、兄ティムと繰り広げた大冒険の記憶もなくしていた。 しかし、ベイビー社からやってきた〈ボス・レディ〉の指令により、ふたたび赤ちゃん姿に戻り、兄ティムと共に世界を救うミッションへと挑む—。 クリスマスシーズンを爆上げさせる、超ド級のアニメーション超大作! 前作よりさらにパワーアップした“おっさん赤ちゃん”が、この冬、日本中をバズらせる!!

ふゆねこ
ふゆねこ
本作は、すれ違っていた兄弟や父娘の距離が、共に困難なミッションに取り組み手強い敵に協力して立ち向かうことで、再び縮まるドラマティックな展開が見どころの映画です!

 

↓↓↓

【ボス・ベイビー ファミリー・ミッション】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」のネタバレ感想・考察

【ここからは物語の核心を含むネタバレとなります。閲覧される場合はご注意ください。】

※ただ、このネタバレは本作品を観た管理人が解釈して内容を述べ、映画の断面を捉えてるに過ぎません。興味の沸いた方は是非本編をご覧くださいませ。

↓↓↓

要約

テッドとの出会いから25年後、2人の娘を持つティムは専業主夫として家族を支える日々を送っていました。
多忙なテッドとは残念ながら疎遠になっていましたが、ある晩次女のティナがベイビー社の一員だと判明し、彼女に課せられた超極秘任務に兄弟揃って協力することになります。

今回の敵・アームストロングはティムの長女・タビサが通う教育センターの校長で、子どもによる子どものためだけの世界を作り上げようとしていました。
さしものテッドも天才的な頭脳を持つ相手に苦戦を強いられますが、兄やその娘たちと力を合わせ、最終的には見事その企みを阻止したのでした。

テッドがティムのもとへやって来て、2人が兄弟となってから、実に25年もの時が流れました。

既婚者となっているティムは妻・キャロルとの間に二女をもうけ、専業主夫という道を選んで愛する家族のため日々全力で家事や育児に取り組んでいます。
一方テッドは大方の予想に違わず大企業のボスとなり、社会的な成功を収めていました。
ただ、その分休む間もないようで、顔を合わせるどころか電話で話すことすらままならず、折々に送られてくる豪勢なプレゼントだけが彼の安否を知る術となっている状態です。

それでも長女のタビサは叔父にあたるテッドをとても慕っていて、彼のようになりたいと日頃から勉学に励み、その甲斐あって「どんぐり教育センター」という優秀な子どもが集まる学校へ通っています。
性格も非常にしっかりしており、ティムはそんな娘を誇らしいと感じる反面、もっと幼かった頃のように甘えてくれないことへ寂しさを覚えていました。

そんなふうに、テッドに対してもタビサに対してももどかしさを抱えていたティムは、ある晩次女でまだあどけない赤ん坊のはずのティナから自身がベイビー社の一員であることを告白されます。
テッドという前例のおかげですんなりとその事実を受け入れたティムでしたが、超極秘任務遂行のためテッドを呼び出して欲しいというティナの言葉には素直に頷くことが出来ません。
どうせ多忙を理由に断られると考えていたからです。

結局ティナの作戦が功を奏し、まんまと騙されてやって来たテッドは、ティムと共に超極秘任務についての説明を受けました。
張り切るティムに対してテッドはあまり気乗りしない様子でしたが、潜入先がタビサの学校で、そこの校長であるアームストロングが悪事を企んでいるらしいと知ると、ベイビー社が新しく開発したスーパースペシャルミルクを飲んで25年前の姿に戻ります。

そうして揃って「どんぐり教育センター」の生徒になりすましたティムとテッドは、アームストロングの正体が赤ん坊であることを突き止めました。
彼は天才ゆえに己より劣る大人たちを見下しており、邪魔者を排除することで子どもがすべてを動かし支配する世界を作ろうとしていたのです。

アームストロングは「冬の発表会」を利用し、我が子の晴れ姿を観にやって来た保護者らの携帯に仕込んだ写真アプリを通して、催眠術による洗脳を大人たちへ施そうとしていました。
ティムとテッドはサーバーを停止させることでアームストロングの目論見を打破しようとしますが、残念ながら敵の方が一枚上手で、2人仲良く囚われの身となってしまいます。

頼みの綱が切れたと判断したティナは慌ててタビサに事情を話し、機転が利く彼女のおかげであと一歩のところまでアームストロングを追い詰めました。
さらにそこへ脱出を果たしたティムとテッドが加わり、4人の連携プレーによって見事アームストロングの計画を潰えさせることに成功したのでした。

ふゆねこの独断偏見レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
星3.0!!

本作は、すれ違っていた兄弟や父娘の距離が、共に困難なミッションに取り組み手強い敵に協力して立ち向かうことで、再び縮まるドラマティックな展開が見どころの映画です。
成長に伴いテッドもタビサもティムに対して素直な本心を打ち明けなくなってしまい、2人とも自分からどんどん離れていってしまうのを寂しく思いつつもどうすれば良いのかわからず悩むティムの姿は共感性が高く、その分勝利を喜び家族で抱きしめ合うシーンは心に響きます。
また、全編にわたりとにかくコミカルで派手なアクションも見どころです。

↓↓↓

【ボス・ベイビー ファミリー・ミッション】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

error: Content is protected !!