Amazon Prime Video

【ネタバレ】『ブレイブ ‐群青戦記‐』【Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信】 あらすじ考察感想評価

『ブレイブ ‐群青戦記‐』アマプラ独占配信決定!

『ブレイブ ‐群青戦記‐』
Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信です!!

集英社「週刊ヤングジャンプ」で連載された笠原真樹原作の人気コミック「群青戦記」を、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が実写映画化。新田真剣佑が単独初主演を飾るほか、三浦春馬、松山ケンイチら実力派キャストが集う。スポーツ名門校で弓道部に所属する西野蒼は目立つことが苦手で、弓道場で練習に打ち込むばかりの日々を送っていた。幼なじみの瀬野遥は、そんな蒼のことを心配している。ある日、1本の雷が校庭に落ちた直後、突如として校庭の向こうに城が出現、校内には刀を持った野武士たちがなだれ込んでくる。全校生徒がパニックに陥る中、歴史マニアの蒼は、学校がまるごと戦国時代、しかも“桶狭間の戦い”の直前にタイムスリップしてしまったことに気づく。織田信長の軍勢に友人たちを連れ去られた蒼は、後に徳川家康となって天下統一を果たす松平元康と手を組み、野球部やアメフト部の選抜メンバーたちと共に立ち上がるが……。主人公を導く松平元康(後の徳川家康)を三浦、彼らの前に立ちはだかる織田信長を松山がそれぞれ演じる。

ふゆねこ
ふゆねこ
有名俳優陣多数集結の本作!!

 

監督 本広克行
原作 笠原真樹
脚本 山浦雅大 山本透
出演 新田真剣佑 西野蒼 山崎紘菜 瀬野遥 鈴木伸之 松本考太

↓↓↓

【ブレイブ ‐群青戦記‐】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

「ブレイブ ‐群青戦記‐」のネタバレ感想・考察

【ここからは物語の核心を含むネタバレとなります。閲覧される場合はご注意ください。】

※ただ、このネタバレは本作品を観た管理人が解釈して内容を述べ、映画の断面を捉えてるに過ぎません。興味の沸いた方は是非本編をご覧くださいませ。

↓↓↓

要約

物語は、とある高校が校舎ごと戦国時代へタイムスリップしてしまったところから始まります。
部活動中だった生徒たちは乗り込んできた織田軍の手で次々と殺されていき、さらに何人かは人質として攫われてしまいました。
なんとか生き残ったメンバーが松平元康の力を借りて救出へ向かいますが、その際なんと元康が1人の男子生徒を庇って亡くなってしまいます。
後の徳川家康である元康を喪い、歴史が変わってしまうことを恐れたその男子生徒・蒼は、現代へは帰らず、自分が家康となって戦国時代で生きる道を選んだのでした。

部活動に力を入れており、全国でもトップレベルの実力者たちが各部に揃っている星徳学院高等学校の敷地内には、なにやら厳かな雰囲気の巨大な岩が祀られていました。

ある日の放課後、その岩めがけて雷が落ち、次いで妙な雨が降ったかと思うと、大量の虫が発生したそばから死んでいく・・・という異常現象が校内で起こります。
さらに、戦国時代の兵らしき格好をした集団が突如校庭に現れ、現実離れした事態についていけず戸惑う生徒たちの命を有無を言わさず奪い始めたのです。

全国大会で個人優勝したことがある剣道部の考太を筆頭に、ボクシング部や空手部、薙刀部、フェンシング部などの腕に覚えがある猛者たちが必死に応戦するものの、丸腰で逃げまどう相手にも一切の容赦が無い敵の勢いは止まりません。
着実に追い詰められ、数を減らされていく絶望的な状況から高校生たちを意図せず救ったのは、松平元康・・・すなわち後の徳川家康でした。
実は星徳学院高等学校を襲ったのは織田信長の配下で、この時はまだ今川方にいた元康が近付いていると知るや、相対するのを避けるため早々に撤退を決めたのです。

ただその際、数名の生徒が敵に連れ去られてしまい、残り少ない仲間を助けたい高校生たちは、有志を募って織田軍の砦へ向かいます。
しかしその途中またもや織田の兵に襲われ、それまで頼れるリーダーとして皆を引っ張っていた考太があえなく命を落としてしまいました。
それでも弓道部員の蒼をはじめ生き延びたメンバーは、なんとしても攫われた仲間を救出すべく、再び敵陣を目指します。

するとそこへ伝令役として陸上部の柏田がやって来ました。なんと、校舎ごと戦国時代にタイムスリップしてしまった原因を見事突き止めたため、数時間後には現代へ帰れるというのです。

希望を胸に敵方へ乗り込んだ蒼たちは、多勢に無勢ながら奮戦し、犠牲を出しながらもどうにか捕らえられていた仲間のもとへたどり着きます。
しかし、後は急いで学校へ戻るだけというところで大変なことが起きてしまいました。
銃で撃たれそうになった蒼を庇って、ちょうど助けに駆けつけた元康が亡くなってしまったのです。

彼がいなければ徳川が天下を取ることもなく、自分たちが生きていた未来も変わってしまうかもしれません。
「歴史を元に戻さないと」という使命感に駆られた蒼は、再びタイムスリップし現代へ帰って行く校舎に背を向け、たった1人でこの時代に残りました。
そうして志半ばで散った元康のかわりに自らを家康と名乗ることにした蒼は、彼が思い描いた太平の世を築くべく、徳川を率いる武将としてその名を馳せていくのでした。

ふゆねこの独断偏見レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
星3.0!!

本作の見どころは、現代の高校生アスリートたちが戦国時代の武士を相手に命がけの戦いを挑むアクションシーンの数々です。
作中でも活躍する剣道、弓道など武具を使って戦う競技の経験者は特に、自分たちの力・技術が実戦でどれだけ通用するものなのか?と1度は考えてみたことがあるのではないでしょうか。
本作はそんな妄想を真面目に考察し形にしているという点で非常にワクワクさせてくれます。
また、いかにもマンガが原作らしいファンタジーな設定に反し、シビアな勝負が繰り広げられるのもポイントです。

↓↓↓

【ブレイブ ‐群青戦記‐】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

error: Content is protected !!