Netflix

【まさに進撃まどマギデスノート】『バブル』 (国内アニメ映画)【Netflix (ネトフリ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレなし

『バブル』2022年4月28日ネトフリ独占配信決定!

『バブル』(原題:Bubble)
日本公開年月日:2022年4月28日ネトフリ独占配信です!!

ふゆねこ
ふゆねこ
え・・!!進撃の巨人の監督?!脚本はまどマギの人でキャラデザはデスノートの小畑さん・・?!まじ・・?!!

「バブル」あらすじと予告編

引用:Netflix

重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う―。
舞台となるのは、世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。
ライフラインが閉ざされた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。
ある日、危険なプレイスタイルで周りから注目を集めていたエース、ヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまう。
不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。そして、2人にだけ特別な音が聞こえた。
なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。二人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。(Netflix)

「重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う——。
重力も、運命も、超えてゆけ。

ふゆねこ
ふゆねこ
劇場版は2022年5月13日(金)に全国公開されるんだけど、Netflixが先駆けて配信になります!!!

「バブル」を期待する声・レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
もうさ!この絵が小畑さんっぽくない?!バクマンの亜豆美保っぽい!!

ふゆねこ
ふゆねこ
最強トリプルタッグだよなぁ・・!!

「バブル」登場人物とキャスト紹介

出典:映画ナタリー

監督:荒木哲郎
脚本:虚淵玄
キャラクターデザイン原案:小畑健
声の出演:志尊淳、宮野真守、梶裕貴、畠中祐

ふゆねこ
ふゆねこ
声優キャストも豪華!だね

監督は、荒木哲郎監督。

自分のお馴染みの皆さんと、一番得意なことを存分にやりました。ワクワクする絵がたくさん上がっています。楽しんでいただけるかと思います! 爽快なアクションや、美しい背景美術はもちろんのこと、今回はさらに、思いもよらないところに皆さんを連れていけると良いなと思っています

荒木哲郎

ふゆねこ
ふゆねこ
『進撃の巨人』の監督さんだね!

脚本は、虚淵玄。

ふゆねこ
ふゆねこ
まどマギだあああああほむらあああああああ

キャラクターデザインは小畑健さんで、『DEATH NOTE』『進撃の巨人』『魔法少女まどか☆マギカ』の作品を手掛けたクリエイターが集結しています!!

「バブル」のネタバレなしの感想

引用:Netflix

“重力は壊れた、好きに跳べ”

「バブル」舞台は世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。
ライフラインが閉ざされた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっています。

ふゆねこ
ふゆねこ
バブルに乗れる重力が壊れた世界”東京”が舞台です。だからこそ、バブルを踏み台にジャンプするシーンとかあります。

そしてその”東京”は巨大なシャボン玉のように見えるものの中に閉じ込められています。

東京内部では、街は重力に逆らう海に全て沈み、海の氾濫により東京は世界の他の地域から切り離され、その住民は根本的に変化した環境の中で生きざるを得なくなりました。

その中で、若者たちは沈没した街を遊び場に変えました。

ふゆねこ
ふゆねこ
それがパルクール、だね。の重力がぶっ壊れてて、空中を回転しながら飛び回るシーン(パルクールっぽいやつ)とか”進撃の巨人”の立体機動装置アクションに見えて仕方ない・・!!笑(ワクワク止まらん

東京は都市横断を実践するパルクールチームにとっての「戦場」です。

そんな中、主人公ひびきは若くて無謀なエースでしたが、ある時海に落ちてしまいます。

その時彼はウタという珍しい力を持つ少女によって救われました。

一緒に、彼らは奇妙な音を聞きます。
それを調査することによって彼らは世界の隠された真実に導き・・

ふゆねこ
ふゆねこ
もう設定がめちゃちゃ面白そう・・!!!

「バブル」のネタバレ感想・考察