Amazon Prime Video

『静かなる侵蝕(原題:Encounter)』【Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレあり!

『静かなる侵蝕』2021年12月10日アマプラ独占配信決定!

『静かなる侵蝕』原題:Encounter
日本公開年月日:2021年12月10日アマプラ独占配信です!!

ふゆねこ
ふゆねこ
人間離れした”何物かの驚異”がリズ・アーメッドを襲う・・。

 

↓↓↓

【静かなる侵蝕】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも!30日間無料】です

「静かなる侵蝕」あらすじと予告編

引用:Amazon Prime Video

海兵隊員である主人公が、2人の息子を”人間離れした脅威”から救うために動くが、彼らの旅は次第に危険な方向へと進み、その息子たちは子供ではいられなくなり…
(Amazon Prime Video)

「俺が為すべきことはお前ら2人を守ることだけだ。」

ふゆねこ
ふゆねこ
リズ・アーメッド大好き・・「サウンド・オブ・メタル」も最高だった・・美しかった・・。

「静かなる侵蝕」を期待する声・レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
早くも事前試写会を見た人は絶賛してるね!

“静かなる侵蝕”は父性とメンタルヘルスを扱った美しい物語だ。 リズ・アーメッドが世の中で最高の俳優の1人である理由をさらに示している。この映画を観ていた時間を俺は本当に楽しんだよ。

↓↓↓

【静かなる侵蝕】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも!30日間無料】です

「静かなる侵蝕」登場人物とキャスト紹介

監督: マイケル・ピアース
脚本家 ジョー・バートン, マイケル・ピアース
出演者 リズ・アーメッド、オクタヴィア・スペンサー、ローリー・コクラン、ルシアン・リヴァー・チャウハン、アディティア・ゲッダダ

監督・脚本は、マイケル・ピアース監督。

ふゆねこ
ふゆねこ
「ワイルド・バレット」の制作に携わったり、「Uボート 最後の決断」の監督だね。

主演はリズ・アーメッド。

ふゆねこ
ふゆねこ
「ナイトクローラー」「サウンド・オブ・メタル」が代表作・・。最高だから観てくれ・・。

「静かなる侵蝕」のネタバレなしの感想

引用:Amazon Prime Video

『静かなる侵蝕』はマイケル・ピアース監督がジョー・バートンの脚本を基に制作した、エイリアンの侵入から地球を救う使命を負った主人公・マリク・カーンを映す、SF スリル映画となります。

ふゆねこ
ふゆねこ
マリクはエイリアンの侵略の脅威から子供たちを守ろうとするけれど・・。

まず、地球に侵攻してくるエイリアンなのですが、
どうやら寄生虫に近いタイプのようで、隕石が地球に到着すると、その隕石は胞子を生成し、それが次に人間の身体に侵入して血流に到達し、虫を生み出すようです。

ふゆねこ
ふゆねこ
この予告編のシーンわかる・・?多分寄生されちゃった人間なんだけど、目に寄生虫っぽいのがいるんだよ・・(ゲームのラストオブアスとかバイオハザードに近い感じなのかな・・?

地球外生命体の侵略を恐れたマリクは、子供たちと夜に街を出立し、遠く離れたアリゾナ砂漠を横切るまで逃げ続けますが・・

ふゆねこ
ふゆねこ
いやさ・・この予告編でマリクがもう既に寄生虫に身体を乗っ取られてるシーンが出てくるんだよね・・・・

しかし、ここからは本編を観ないとわからないのですが、
アリゾナ砂漠ではなぜかマリクが追われるシーンが描かれ、マリクは息子たち2人を必死に逃げさせようとしています。

ふゆねこ
ふゆねこ
これはマリクが寄生虫に乗っ取られたから・・?それとも・・?(寄生虫※エイリアン自体が全部マリクの妄想、とかあるんかな・・)

本編を見てみないことにはわからないので、12月10日が楽しみです・・!!

↓↓↓

【静かなる侵蝕】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも!30日間無料】です

「静かなる侵蝕」のネタバレ感想・考察

 【ここからは物語の核心を含むネタバレとなります。閲覧される場合はご注意ください。】

↓↓↓

地球に隕石が降り注ぎ、人体に寄生する寄生虫が地球上に無数に生み出される場面から始まります。

ふゆねこ
ふゆねこ
その寄生虫は人の体内に入り、人間を操り地球を支配しようとする・・。

物語の主人公・マイクは二児の父親でありましたが、
海軍で長期間の遠征を含む特殊任務についており、自宅に帰れない日々が続きます。

マリクの自宅には妻が残って二児を育てているのですが、
なぜかその二児の父親代わりなのか、その妻の恋人らしき人もいます

ふゆねこ
ふゆねこ
しかもしっかりこの2人できてるっぽいんだよね・・。

そんななか、例の隕石が地球に降り注ぎ、
海軍に属しながら寄生虫研究を行っていたマイクは全てを理解し、遠征地を飛び出します。

ふゆねこ
ふゆねこ
このままでは地球がエイリアンに侵略されてしまう・・。

マリクが向かったのは自宅でした。
マリクは二児の息子たちを救出しに戻ってきたのです。

真夜中の突然の父親の帰還に2人の息子(兄・ジェイ 弟・ボビー)は喜びますが、“このまま旅行に行こう、母親は置いて”、と言い出す父親のただならない様子にどこか兄のジェイは違和感を感じていました。

真夜中の3人だけの逃避行。
途中マリクたちの車は警察官による検問に引っかかります。

ふゆねこ
ふゆねこ
いや・・・この警官の目がさ・・寄生虫に侵食されてるの。。。

検問中、マリクが無許可で銃を所持していることを知った警察官がマリクに向かい銃を突きつけ、それと同時に、謎の光線による攻撃をマリクに放ちます。

ふゆねこ
ふゆねこ
へ・・?なんか謎のバチバチする光線を放ってきた・・!

それを受け、マリクは倒れ込みますが、なんとか意識を保ち、海軍仕込みの戦闘スタイルで相手から銃を奪い、そのまま銃の柄で警官を何度も殴りつけ警察官をそのまま卒倒させます。

ふゆねこ
ふゆねこ
血だらけになって倒れて意識を失う警官・・死んだ・・?

マリクは恐怖に怯える息子たちがいる車に戻りさらに車を走らせます。

息子たちに何を聞かれても“基地”に行くのだ。の一点張りで答えようともしません。

ふゆねこ
ふゆねこ
こんなの息子たちも恐怖に怯えることしかできないよね・・。

翌朝になり、マリクは“基地”に連絡をする。
と言って携帯を取り出しどこかへ連絡をかけ始めます。

物語はここから急展開を迎えます。

マリクの電話は、
マリクの保護観察中にマリクの更生を受け持つ女性の元へとかかっていました。

ふゆねこ
ふゆねこ
え・・。

マイクは海軍の特殊部隊にいた際に、戦闘相手と銃撃戦になり仲間を失い、PSTD(心的外傷後ストレス障害=心の病気)になってしまい、その心理的に不安定な状態から同じ部隊上官を殴り、そのまま除隊となっていました。

ふゆねこ
ふゆねこ
てことは特殊部隊の遠征も嘘・・?

マリクは除隊後も要観察人物として定期的に更生人の元へ連絡をする必要のある保護観察となっていたのです。

そんなマリクは自身の落ち着かない心の状態から幻聴や幻想に悩まされており、友人に虫や目の絵を送りつける、ということも繰り返しておりました。

そう、地球外生命体の侵略は全てはマリクの妄想だったのです。

ふゆねこ
ふゆねこ
うん・・!でもまぁ予告編からもなんとなくそうなんじゃないかなーって思ってたよ・・?でもここからが期待・・!

そして2人の子供を”誘拐”し、”逃走中に警察官も襲って今も逃げ続けている”マリクのニュースはアメリカ中を駆け廻ります。

マリクたちの逃避行は続きますが逃走中に当然ながら食料や寝る場所が満足に無くなっていきます。

そんななか、車もタイヤがパンクしたこともあり、
マリクは仕方なく民家に入り込み備品や食料品を拝借しようとしますが、住人に見つかり、そこでもその住人をライトで殴り卒倒させてしまったり、その住人の家族たちと銃撃戦になったりと、ただひたすらにマリクの状況は一刻と悪くなっていきます。

ふゆねこ
ふゆねこ
どんどん罪を重ねてしまうマリク・・。さらに、長男のジェイもさすがに父親の全部作り話なんだって気付いた・・。

しまいには自分の息子たちとも口論になり、
必死の逃避行を繰り返すのももはや限界を迎えます。

マリクは荒れ地の果てで警察部隊に追い込まれ、四方八方を固められ、完全に包囲されます。

何十人もの警官に銃を構えられたマリクは、もはや興奮状態となり、警察に同行していた保護観察者の味方である女性の話も聞き入れようとせず、マリクは威嚇射撃を行います。

警察たちも無傷では拘束出来ないと判断し、銃口を向けたその時__

このままでは父親が射殺されてしまうことを悟った長男のジェイが父親のマリクの銃を奪い、警察たちに応戦しようと車外に飛び出し、警察に銃を構え引き金に手をかけます。

ふゆねこ
ふゆねこ
ジェイにとってはずっといい父親だったからジェイは最後まで父親の味方をした・・!!泣

そんなジェイを追い自身も車外に勢いよく飛び出すマリク。

息子のジェイを必死に抱きとめ、そこで物語が幕を閉じます__

「静かなる侵蝕」の感想

ふゆねこの独断偏見レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
星2.0!!

期待を裏切ってくるか・・?ってドキドキしてたらそのまま終わってしまった・・。

2021.12.29アマプラで観ました。

結論、ちょっとこの作品はあまりに予想どおりに一本道を行き過ぎたのかな?となんだか勝手にガッカリしてしまいました・・。
※あくまで個人の意見です。

予告編からも予想出来たように、
地球に侵略してくるエイリアン(寄生虫)は全てマイクの妄想でした。

しかし、私は最後の最後で、
やっぱり正しいのはマイクの方で、マイク同様に地球を守ろうとする侵食されてない人間たちと合流し、寄生虫に立ち向かっていくのかと思ったら・・

ふゆねこ
ふゆねこ
いや、だからそれなんてラストオブアス・・?笑

※ちなみにラストオブアスは名作中の名作ゲームなので未プレイの方は是非やってください・・筆者の数少ない何周も周回プレイした作品で、プレイした記憶を消してもう一度やりたい作品です。 未プレイの人が羨ましいっす・・。

ストーリーはそのまま一本道で、
最終的にマイクはそのまま警官に取り囲まれてエンドロールが流れます。

きっとそのまま拘束されて投獄されてしまうのでしょう。

全ては一人の男が生み出した壮大な妄想の物語、
と言ってしまえばそれまでなのですが、何かこう”そうきたか!”のポイントが欲しかったな・・と思う映画でした。

ふゆねこ
ふゆねこ
でも、誰も頼れず、周り全てが敵の逃避行や銃撃戦の緊迫感や、全てを理解しても最後の最後まで父親の味方であり、父親を守ろうとした長男のジェイ君は最高だったよ・・!

↓↓↓

【静かなる侵蝕】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも!30日間無料】です