Amazon Prime Video

各国で高レビュー続出!『ザ・スイッチ』(原題:Freaky)【Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレなし

『ザ・スイッチ』2021年12月31日アマプラ独占配信決定!

『ザ・スイッチ』(原題:Freaky)
日本公開年月日:2021年12月31日アマプラ独占配信です!!

ふゆねこ
ふゆねこ
ある日女子高生と殺人鬼が入れ替わって・・!!

 

↓↓↓

【ザ・スイッチ】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【30日間無料!】

「ザ・スイッチ」あらすじと予告編

引用:Amazon Prime Video

ミリーは、片思い中の同級生にも認識されない地味な高校生。親友たちと普通の学校生活を送っていたが、ある13日の金曜日、連続殺人鬼“ブッチャー”に襲われ謎の短剣で刺されてしまう。間一髪、命は取り留めたミリーだが、次の朝目覚めるとミリーとブッチャーの身体が入れ替わっていた。女子高生姿のブッチャーが虐殺計画を進めるなか、中年男姿のミリーは24時間以内に身体を取り戻さないと一生元の姿に戻れないことを知り…。(Amazon Prime Video)

「やってみな!」

ふゆねこ
ふゆねこ
ホラー×コメディのお手本のような映画!時間も100分ほどなのでサクッと観れます!ちなみに、全然グロくないです!

「ザ・スイッチ」の評価

出典元:IMDb

IMDbでは6.4/10。

 

出典元:rottentomatoes

ロッテン・トマトでは83%となっています。

ふゆねこ
ふゆねこ
フレッシュトマト認定!

ロッテントマトは映画評論家による映画レビューをまとめたサイトで、赤いトマト→トマトメーターが60%以上。緑のトマト→トマトメーターが59%以下。フレッシュトマト認定→トマトメーターが75%以上かつトップ評論家の評論が5個以上入っているもの。ポップコーン→観客による評価。となります。

「ザ・スイッチ」を期待する声・レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
原題は「Freaky」。これは『フリーキー・フライデー』に対するオマージュだね!笑 あと、劇場版の公開日は2020年の1月13日の金曜日に公開されたんだって!笑

ふゆねこ
ふゆねこ
国内でも絶賛の声多数だ!

↓↓↓

【ザ・スイッチ】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【30日間無料!】

「ザ・スイッチ」登場人物とキャスト紹介

監督/脚本:クリストファー・ランドン
脚本:マイケル・ケネディ
製作:ジェイソン・ブラム
製作総指揮:クーパー・サミュエルソン、ジャネット・ボルトゥルノ

【キャスト】

ヴィンス・ヴォーン、キャスリン・ニュートン、アラン・ラック、ケイティ・フィナーラン、デイナ・ドゥロリ、セレスト・オコナー、ミシャ・オシェロヴィッチ、ユリア・シェルトン

監督・脚本は、クリストファー・ランドン監督。

ふゆねこ
ふゆねこ
パラノーマル・アクティビティ2 ・3・4の監督やってました!あとは、ハッピー・デス・デイ 2Uとか!

主演男優はヴィンス・ヴォーン!(男性)

はちゃめちゃな映画よ。

ふゆねこ
ふゆねこ
とにかくこのヴィンス・ヴォーンの演技が渋いカッコいい可愛い・・!!(普通にしてたらイケメンのおっさんが女子大生役をやってます。)

 

そして、キャスリン・ニュートンはとにかく可愛すぎ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KATHRYN NEWTON(@kathrynnewton)がシェアした投稿

 

「ザ・スイッチ」のネタバレなしの感想

引用:Amazon Prime Video

凶暴な殺人鬼、バーニー・ギャリスは、女子高校生(ミリー)を襲撃した際に、凶器に秘められていた魔力が突然解放され、2人の中身が入れ替わってしまって・・!!

ふゆねこ
ふゆねこ
JKが殺人鬼に、殺人鬼がJKに・・!!!とんでもない”君の名は”がここに・・!!笑

そしてそのまま女子高生姿のバーニー・ギャリスが虐殺計画を進めるなか、中年男姿のミリーは24時間以内に身体を取り戻さないと一生元の姿に戻れないことを知って自らバーニー・ギャリスの元へ向かうのですが…。

ふゆねこ
ふゆねこ
JK VS 殺人鬼、こんなJKに全く勝ち目の無い筋書きをどう一本の映画としてまとめるのかも気になるよ・・!!笑

↓↓↓

【ザ・スイッチ】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【30日間無料!】

「ザ・スイッチ」のネタバレ感想・考察

ふゆねこの独断偏見レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
星2.0!!

期待通りの良い意味でB級映画で、サクッと観れました。

2022.1.8アマプラで観ました。

主演のヴィンス・ヴォーンが“(この映画は)はちゃめちゃな映画よ”※あえて女子大生のセリフで。と言っていましたが、まさにその通りでした。笑

とにかく終始ドタバタ劇。
殺人鬼に追いかけられたかと思ったら殺人鬼を追いかけて、そしてまた逃げて…

ふゆねこ
ふゆねこ
なんか映画の80%以上登場人物が走ってるんじゃないかってくらい猛スピードでみんな走り回ってる。(それが面白くもあるんだけど笑)

殺人鬼に追いかけられる緊張感の中で、ところどころ”ありえねー”的な笑いも挟まれ、ガッツリホラー系でもなく、むしろエンターテイメント要素多めな映画になってます。

ふゆねこ
ふゆねこ
遊園地のお化け屋敷的なアレ。

そういう作品が好きな人にとってはもっと高評価でしょうし、
逆にそれこそ13日の金曜日やソウなどのスプラッター映画が好きな人には物足りないと思います。

ただ、ちょっと(恐怖で)ドキドキしたい方や、家族・友達などでお菓子でも食べながら、話しながらワイワイ観るのであれば楽しめるのかな、と。

 

あ、キャスリン・ニュートンは可愛いっす。めっちゃ。

error: Content is protected !!