Hand of God -神の手が触れた日-

Hand of God -神の手が触れた日-【Netflix (ネトフリ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレなし

『Hand of God -神の手が触れた日-』2021年12月15日ネトフリ独占配信決定!

※Netflixでは日本語字幕あります!

ふゆねこ
ふゆねこ
気になる表題は、ディエゴ・マラドーナ1986年FIFAワールドカップのイングランド戦でのゴールにちなんだもの、だね!

『Hand of God -神の手が触れた日-』
日本公開年月日:2021年12月15日ネトフリ独占配信です!!

ふゆねこ
ふゆねこ
ただそのマラドーナは2020年の11月に心不全で亡くなったんだよね・・60歳の若さで・・。

「Hand of God -神の手が触れた日-」あらすじと予告編

引用:Netflix

伝説のサッカー選手ディエゴ・マラドーナの思いがけぬ来訪と、それに続く予想外の悲劇。交錯する喜びと失意の中、数奇な巡り合わせに導かれ、ファビエットの未来は動き出す。ソレンティーノが故郷ナポリを舞台に紡ぐ、運命と家族、スポーツと映画、そして愛と喪失の物語。 (Netflix)

この街にいれば
心が動かされるはず。

ふゆねこ
ふゆねこ
予告編の映像・描写もとっても綺麗だよね・・

「Hand of God -神の手が触れた日-」の評価

出典元:IMDb

IMDbでは7.7/10。

出典元:rottentomatoes

ロッテン・トマトでは79%となっています。

ロッテントマトは映画評論家による映画レビューをまとめたサイトで、赤いトマト→トマトメーターが60%以上。緑のトマト→トマトメーターが59%以下。フレッシュトマト認定→トマトメーターが75%以上かつトップ評論家の評論が5個以上入っているもの。ポップコーン→観客による評価。となります。

「Hand of God -神の手が触れた日-」を期待する声・レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
東京国際映画祭で事前公開してた時のレビューは上々だったみたい!楽しみ・・!!!!

「Hand of God -神の手が触れた日-」登場人物とキャスト紹介

監督・脚本・製作
パオロ・ソレンティーノ

主演
フィリッポ・スコッティ、トニ・セルヴィッロ、テレーザ・サポナンジェロ(英語版)、マーロン・ジュベール、ルイーザ・ラニエリ(英語版)、レナート・カルペンティエリ(英語版)、マッシミリアーノ・ガッロ(英語版)、ベッティ・ペドラッツィ、ビアージョ・マナ、チロ・カパーノ

監督は、パオロ・ソレンティーノ監督で、

過去に『イル・ディーヴォ -魔王と呼ばれた男-』『グレート・ビューティー 追憶のローマ』『ピウス13世 美しき異端児』などを制作しています。

ふゆねこ
ふゆねこ
アカデミー賞受賞脚本家・監督だね!だからこそ期待!

主演はフィリッポ・スコッティ 。

ふゆねこ
ふゆねこ
ヴェネチア国際映画祭で2021年にマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞してます!

「Hand of God -神の手が触れた日-」のネタバレなしの感想

引用:Netflix

まず、気になる表題”Hand of God -神の手が触れた日-“の意味、なのですが、

監督のソレンティーノがある夜、
家に帰ると、実の両親が一酸化炭素の漏れで亡くなっていることを発見します。

その悲劇の夜、ソレンティーノ監督がどこにいたかというとサッカースタジアムの中にいて、その時にディエゴ・マラドーナが地元チーム”ナポリ”でプレーするのを見ていたのです。

ふゆねこ
ふゆねこ
だから監督はマラドーナが命を救ってくれたってずっと思ってたんだね・・。

そしてその当時の根本的な恐怖を熱狂的な物語に作り変え本作が出来上がりました。

ふゆねこ
ふゆねこ
つまりこの”神の手”は監督自身の実話でもあり、主人公のファビエットは監督自身でもあるんだね。

そんな失意のどん底にいたファビエットは、
ある出会いをきっかけに新たな場所・新たな人に出会い、少しづつ変化していくのです。

ふゆねこ
ふゆねこ
ファビエットは世界を変えることはできないかもしれないけれど、彼の世界の見方は変えられるのか。楽しみな作品だね。

「Hand of God -神の手が触れた日-」のネタバレ感想・考察

error: Content is protected !!