Netflix

『ミックステープ 伝えられずにいたこと』【Netflix (ネトフリ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレなし

『ミックステープ 伝えられずにいたこと』2021年12月3日ネトフリ独占配信決定!

 

『ミックステープ 伝えられずにいたこと』
日本公開年月日:2021年12月3日ネトフリ独占配信です!!

ふゆねこ
ふゆねこ
この映画はコメディとして括られてるかもしれないけど、心温まる家族映画となってるからティッシュは必須、とのことだ・・!

『ミックステープ 伝えられずにいたこと』あらすじと予告編

引用:Netflix

2000年前夜、親のいない12歳の孤児ビバリー・ムーディは、赤ん坊の頃に交通事故で亡くなった両親が作ったという壊れたミックステープを見つけます。ビバリーは、自身も10代で母親となった祖母ゲイル (ジュリー・ボーウェン) に育てられますが、祖母は娘であるビバリーの母親を失ったつらさから、彼女のことについて話したがりません。そこでビバリーは、このミックステープこそが両親のことをもっと深く知るための手がかりになると考え、テープに収録されているすべての曲を探す旅に乗り出します。その過程で、風変わりな隣人エレン (オードリー・シェ)、恐ろしいほどタフなニッキー (オルガ・ペッツァ)、曲探しのカギを握り、ゲイルとビバリーに新たな絆をもたらす世間嫌いのレコード店オーナー、アンチ (ニック・スーン)と出会い、友情を育んでいきます。(Netflix)

「両親は死んだ。2歳の時だから知らないの。」

ふゆねこ
ふゆねこ
両親が残したミックステープ、そこに残されたメッセージ(曲)とは。

『ミックステープ 伝えられずにいたこと』を期待する声・レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
心温まる映画だから冬の時期にぴったりだね!

『ミックステープ 伝えられずにいたこと』登場人物とキャスト紹介

監督
バレリー・ワイス

製作
ギル・ネッター ジム・ウェダ

製作総指揮
ジェニー・リー パディ・ビッカートン マイケル・オコナー クリス・フォス

脚本
ステイシー・メニヤー

キャスト:
ジェマ・ブルック・アレン
ジュリー・ボーウェン
ジャクソン・ラスボーン
ニック・スーン

監督は、バレリー・ワイス監督。

子供と大人の絶頂期にある2人の女の子の母親と、
音楽、友情、そして同世代の友達とのつながりを通して自分のアイデンティティを見つけようとしている12歳の女の子の、この物語は(自分が)監督をせざるを得ないと感じました。

バレリー・ワイス

ふゆねこ
ふゆねこ
監督は映画製作者で科学者でもある女性のヴァレリーワイス監督

主演はジェマ・ブルック・アレンとジュリー・ボーウェンです。

ふゆねこ
ふゆねこ
ジェマ・ブルック・アレンこの映画で初めて見たけど、可愛すぎる・・!

『ミックステープ 伝えられずにいたこと』のネタバレなしの感想

引用:Netflix

亡くなった両親が作ったミックステープをある日ビバリー・ムーディが発見します。

しかしそのミックステープ(カセット)は配線が伸びきっていて、とても聞くことが出来ない状態でした。

ふゆねこ
ふゆねこ
だからビバリー・ムーディは友達を頼ってみたり、カセット屋さんを訪ねたりして・・。

そしてその残された曲を手がかりにビバリーは自身の行動を変えてゆくのです。

ふゆねこ
ふゆねこ
予告編でロックな服着たり変装したりしてるのって、きっと残ってた曲がそういう系で、自分も両親の気持ちになってみたかったんだよね・・?おばあちゃんはめっちゃ怒ってるけど。。笑

テープに残された曲は全て探し出すことが出来て、その時にビバリーはどうなっているのでしょうか・・!

ふゆねこ
ふゆねこ
冬のシーズン中に家族と一緒に見るのにめっちゃいい映画だね!ホットココアを片手にソファでくつろぐのもいい!

『ミックステープ 伝えられずにいたこと』のネタバレ感想・考察