Netflix

『ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に』(イギリス映画)【Netflix (ネトフリ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレなし

『ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に』2022年1月21日ネトフリ独占配信決定!

『ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に』(原題:Munich – The Edge of War)
日本公開年月日:2022年1月21日ネトフリ独占配信です!!

ふゆねこ
ふゆねこ
こういうスパイスリル映画大好きすぎるから期待が高まる・・!!

「ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に」あらすじと予告編

引用:Netflix

ロバート・ハリスの世界的なベストセラー小説を映像化。ヨーロッパに大戦の影が忍び寄る1938年秋。アドルフ・ヒトラーがチェコスロバキアへの侵攻を準備する一方、ネヴィル・チェンバレン首相の英国政府はなんとか平和的な解決を図ろうとしていた。緊張が高まるなか、英国役人ヒュー・レガトとドイツ外交官ポール・フォン・ハートマンは、緊急会談のためミュンヘンに向かう。交渉が始まるにつれ、旧友である2人は、政治的策略と深刻な危機の渦中に飲み込まれていく。全世界が注視する中、果たして戦争は回避できるのか? そして、その代償とは…? (Netflix)

「片方の袖にいくつかのカードがなければ、
ギャングとポーカーをプレイすることはできない。

ふゆねこ
ふゆねこ
ヒュー・レガトに手渡された文書には、ヒトラーがミュンヘン会談を尊重することを計画しておらず、ヨーロッパで戦争を行うことを意図していることの証拠が書いてあって・・

「ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に」の評価

出典元:IMDb

IMDbでは7.8/10。

2021年のロンドン映画祭で初演された際の評価はすこぶる高いものでした。

原作小説の評価となりますが、

出典元:Amazon

Amazonでは4.5/5.0。

ふゆねこ
ふゆねこ
原作のロバートハリスの小説。3,000件近いレビューがあって星4.3。人気すぎる・・!!

「ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に」を期待する声・レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
発表当時から期待が高い!!

ふゆねこ
ふゆねこ
キャストも豪華!だね

「ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に」登場人物とキャスト紹介

監督:クリスティアン・シュヴォホー。
出演:ジョージ・マッケイ、ヤニス・ニーヴーナー、ジェレミー・アイアンズ、サンドラ・フラー。

監督は、クリスティアン・シュヴォホー監督。

ふゆねこ
ふゆねこ
『カールと共に』を作った監督さんだね!

主演は、ジョージ・マッケイ

ふゆねこ
ふゆねこ
『マローボーン家の掟』のジョージ・マッケイだ!!

「ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に」のネタバレなしの感想

引用:Netflix

「ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に」は第二次世界大戦最中を描くスパイ映画です。

アドルフ・ヒトラーがチェコスロバキアを侵略攻撃を開始しようとしているときに、イギリスの首相ネヴィル・チェンバレンは必死に平和的な解決策を模索していました。

戦争の圧力が高まる中、英国の公務員であるヒュー・レガットとドイツの外交官であるポール・フォン・ハルトマンは、緊急会議のためにミュンヘンにて対面することになりますが・・。

ふゆねこ
ふゆねこ
もともと旧友だった2人・・今では反対側・・。そして何百万人もの命が彼らに委ねられていて・・

この映画は、ドイツ、イタリア、イギリスの間で署名された1938年のミュンヘン会談を中心に展開されます。

イタリア、イギリスはアドルフ・ヒトラーを説得し、チェコスロバキアの自治の犠牲もあって、その後ヨーロッパでの全面戦争を回避することで合意に達したと思われました。

しかし、ヒトラーはチェコスロバキアを併合しただけでなく、
1年後にポーランドを侵略し、第二次世界大戦を引き起こしたのです・・。

ふゆねこ
ふゆねこ
このミュンヘン会談につながるまでの出来事と、ヒトラーの真の意図を世界に明らかにするために2人の外交官によって実行された秘密の任務について語られる、反逆。裏切り。殺人。全てが描かれるスリル映画です・・!!

「ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に」のネタバレ感想・考察