Netflix

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』【Netflix (ネトフリ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレなし

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』2021年12月1日ネトフリ独占配信決定!

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
日本公開年月日:2021年12月1日ネトフリ独占配信です!!

ふゆねこ
ふゆねこ
ベネディクト・カンバーバッチ主演の本作は各所批評家から絶賛!!!

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」あらすじと予告編

引用:Netflix

舞台は1920年代のモンタナ州。そのカリスマ性と威圧的な態度で恐れられている兄のフィルと、対照的に地味な弟のジョージのバーバンク兄弟は、大牧場を共に経営して暮らしていた。ある日、ジョージが未亡人のローズと結婚することになり、家に越してくる事になった。しかし、それを訝しく思ったフィルは、ジョージやローズ、さらにローズの息子のピーターまでにも執拗な攻撃を仕掛けだす。人間関係に亀裂が生じて行く中、フィルはある事件を機に、人を愛することの可能性と自分が人々を傷つけた意識を感じ始める。(Netflix)

「私の魂を剣から、私の命を犬の力から救い出して下さい」

ふゆねこ
ふゆねこ
既に劇場では公開されていて各所で話題が沸騰している本作品。

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」の評価

出典元:IMDb

IMDbでは6.9/10。

 

出典元:rottentomatoes

ロッテン・トマトでは95%となっています。

ふゆねこ
ふゆねこ
ロッテントマトでフレッシュトマト認定!!!

ロッテントマトは映画評論家による映画レビューをまとめたサイトで、赤いトマト→トマトメーターが60%以上。緑のトマト→トマトメーターが59%以下。フレッシュトマト認定→トマトメーターが75%以上かつトップ評論家の評論が5個以上入っているもの。ポップコーン→観客による評価。となります。

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」を期待する声・レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
ちなみに原作小説も評価高いです。こちらです。文庫本なのでサラッと読めるので是非に!

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」登場人物とキャスト紹介

監督 ジェーン・カンピオン
脚本 ジェーン・カンピオン
原作 トーマス・サヴェージ
製作 エミール・シャーマン
イアン・カニング
ロジェ・フラピエ
ジェーン・カンピオン
タニヤ・セガッチアン

出演者:
ベネディクト・カンバーバッチ
キルスティン・ダンスト
ジェシー・プレモンス
コディ・スミット=マクフィー

監督・脚本は、ジェーン・カンピオン監督。

ふゆねこ
ふゆねこ
「ピアノ・レッスン」やドラマ「トップ・オブ・ザ・レイク」の監督だね。自然を描く作品が多い。今回も西武の雄大な自然が見えます。馬などの動物の接写映像も圧巻。

主演はベネディクト・カンバーバッチ。

ふゆねこ
ふゆねこ
一風変わったクセのあるカリスマ的な牧場主フィルを迫真の演技で演じます。じんわり迫ってくる恐怖を演じるのがうますぎる。

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」のネタバレなしの感想

引用:Netflix

牧場を営むバーバンク兄弟の家にやってきた、弟の妻となった女性とその息子。威圧的なカリスマ性を持つ兄フィルが冷酷な敵意をむき出しにするなかで、事態は思わぬ展開を見せる。

まず気になるタイトル「パワー・オブ・ザ・ドッグ」は、聖書の詩篇第22篇20節から来ています。

ふゆねこ
ふゆねこ
「私の魂を剣から、私の命を犬の力から救い出して下さい」だね。ここで「犬」は”邪悪の象徴”を意味。本編の後半で明かされます。。

物語は、1925年のモンタナ。

周囲に恐怖を与えるカリスマ的な牧場主フィルと、心優しいその弟・ジョージが家に連れてきた新妻、そしてその息子をめぐり絡み合う緊迫した関係を描きます。

裕福な牧場主の兄弟であった兄・フィルと弟ジョージが、放牧中にとある食堂のオーナーで未亡人であるローズに出会います。

ふゆねこ
ふゆねこ
フィルの弟ジョージはある日飲食店で出会った女性に情が移ってしまって、結婚することになる。
ふゆねこ
ふゆねこ
そして、このローズ、は10代の大学生の息子がいる未亡人。(でもむちゃくちゃ綺麗。

しかし兄のフィルはローズが気に食わず、
弟のジョージをただ金のために利用したと信じていました。

そして弟ジョージとその妻ローズと暮らす中でフィルはローズに対して様々な嫌がらせをするようになります。

その嫌がらせを受けてローズはアルコール依存症になってしまいます。

ふゆねこ
ふゆねこ
・・・。

その状況をローズの子供である”ピーター”は見て見ぬ振りなどすることはできませんでした。

しかしフィルはそんなピーターに優しく接し始め、
馬の乗り方を教えたり、共に放牧の作業やうさぎを捕まえたり、ピーターのためにカウボーイに必要な縄を編んであげたりもします。

ローズは息子がフィルと時間を過ごしているのを見て、ローズのアルコール依存症は悪化していきます・・。

しかし、ローズにとって最悪なこの事態はある出来事をきっかけに大きく動くこととなるのです。

ふゆねこ
ふゆねこ
これはほんの序章でここから物語が大きく展開していきます・・!

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」のネタバレ感想・考察

 【ここからは物語の核心を含むネタバレとなります。閲覧される場合はご注意ください。】

↓↓↓

ふゆねこの独断偏見レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
星3.0!!

淡々と人間に潜む内なる憎悪を描いている作品だと感じましたが、ちょっと全体的なテーマが個人的に合わなかったな・・と。

2022.1.3ネトフリで観ました。

結論、人の内なる憎悪を描く作品で、観終わった後はなんとも言えない、心がざわつく感じになりました。

ベネディクト・カンバーバッチ演じるフィルを、未亡人のローズの息子であるピーターが計画的に殺すのですが、そこに至るまで計画を練りながら”何事もないように”フィルと時間を過ごすピーターの狂気が一見何でもない風景描写で描かれます。

ふゆねこ
ふゆねこ
その狂気や迫りくる恐怖・伏線を自然や動物や小物で暗喩的に描く描写が怖すぎた・・。何が起こるのよ・・って。

そんな一見大人しいけれど内なる狂気を持ったピーターと対照的に、フィルは見た目はまさに悪で、”他人”には厳しい人間でしたが、牧場経営仲間や家族・そして同じ同性愛者だと感じたピーターには人間らしく接することができる人でした。

ふゆねこ
ふゆねこ
個人的にはフィルはそこまで悪い人間じゃないと思ったよ。仲間だと認めた人間には優しい感じだった。

一方でピーターは、引っ込み思案で大人しいように見えますが、その内には人も殺すことすら厭わない狂気を隠し持っていて、愛する母親(ピーターは”ローズ”と母親を名前で呼びます)を虐げる人間には徹底的に計画を練り、自身や母親に何の影響も出ない形で、迫る驚異を消し去りました。

ふゆねこ
ふゆねこ
あとローズは未亡人(前の夫とは死別)なんだけど・・ピーター・・まさかね・・。

そんなローズも、アルコール依存症を今まで隠していた素振り(前の夫の時から?)に感じましたし、本編を観るとピーターの計画に加担していたような描写もあります。※わざと牛の生皮を業者に渡した?とか・・。

人間の内側なんて誰も見ることなんて出来ないし、把握なんて出来ない。
そしてそれは動物も同じ。(フィルは”飼い犬に噛まれる”ことで死の引き金を引きます)

ふゆねこ
ふゆねこ
目に見えるものが全てじゃないぜ、ってことをじわじわ迫る恐怖から描いた作品だった・・。