Amazon Prime Video

【ネタバレ】『整形水』【Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信】 あらすじ考察感想評価

『整形水』アマプラ独占配信決定!

『整形水』
Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信です!!

幼いころから外見に強い劣等感を抱いていたイェジ。人気タレントのメイクを担当している彼女はタレントに罵倒され、テレビ番組に偶然出演するとインターネット上で誹謗中傷されてしまう。ある日、イェジの元に“整形水”が届く。それは自由自在に容姿を変えられるという奇跡の水だった。イェジは整形水を試すが、その後、周囲で不可解な出来事が起こり始める。

ふゆねこ
ふゆねこ
原作は最高に面白かったですが、その原作既読の方にもぜひ見て頂きたい!

 

↓↓↓

【整形水】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

「整形水」のネタバレ感想・考察

【ここからは物語の核心を含むネタバレとなります。閲覧される場合はご注意ください。】

※ただ、このネタバレは本作品を観た管理人が解釈して内容を述べ、映画の断面を捉えてるに過ぎません。興味の沸いた方は是非本編をご覧くださいませ。

↓↓↓

要約

主人公のイェジは人一倍容姿に対する劣等感を抱いています。

しかしある日突然送られてきた「整形水」という商品を使った結果、誰もが振り返るほどの美女へ変身することに成功しました。
おかげでイェジは芸能界デビューを果たし、さらには整形する前から想っていたイケメンのジフンと交際まで始めます。

やがてジフンからプロポーズされたイェジは、喜び勇んで彼の家へお呼ばれしました。
しかし、そこで本性を現したジフンの手にかかり、恐怖にまみれながら命を落とすことになります。
なんとジフンは、美女を次々と殺害してはその美しい顔のパーツを蒐集している“女性”だったのです。

メイクアップアーティストのイェジは、幼い頃から自身の容姿に強いコンプレックスを抱えて生きてきました。
担当しているタレントから「豚女」と罵られるなど鬱屈した日々を送っていた彼女でしたが、ある時、職場で出会ったジフンという名のインテリ系イケメンから、ウットリとした調子で「とても美しい目だ。その瞳の色、初めて見ました」と声をかけられます。

生まれてこの方外見を褒められた経験が皆無だったイェジは、たちまちジフンに恋い焦がれるようになりました。
しかし、結局彼も選ぶのはナイスバディの美女だと知って落胆を覚えていたところへ、さらに見た目を理由にネット上で晒し者にされるという辱めまで受けてしまい、その結果、仕事を辞めて家に引きこもり始めます。

そんな彼女の人生を一変させたのは、ある日突然スマホへ届いた1通のメールと、自宅へ送り付けられた2本のボトルです。「BeautyWater」と印字されたそれは、なんと巷で噂になっている「整形水」でした。
イェジは半信半疑ながらも同封されていたUSBメモリ内の動画で紹介している手順に従い、整形水を使ってみます。
すると動画内で女性が説明した通り、20分間整形水に浸した顔の肉はまるで粘土のごとく自由自在に形を変えたり、簡単に切り取ることが出来るようになったのです。

整形水が詐欺商品などではないことを身を以て知ったイェジは、もっとたくさんの整形水を手に入れて全身を美しく生まれ変わらせるべく、その晩さっそく発送元を訪ねました。
応対に出たのは例の動画に出演していた女性で、社長だという彼女は、イェジが広告塔になるなら特別に原価・・・つまり市価の9割引で販売しても良いと提案してきます。
それでも代金として2億ウォン必要だと言われたイェジは、自身の首元に果物ナイフを当てて両親を脅し、どうにかその大金を工面してもらいました。

そうして「ブサイクに生まれたせいでずっと辛い思いしてきた」と恨み言を吐いていたイェジは、晴れて完璧に美しい容姿を手に入れたのです。

それからイェジは父親名義のクレジットカードを使い、一気に1300万ウォン分の服飾品を買うなど身の丈以上に華やかな毎日を送るようになりました。
しばらくはたくさんの男性からチヤホヤされる状況に酔いしれていた彼女ですが、ある晩かつて自分を馬鹿にしたタレントの姿を偶然見かけたことをキッカケとして、よりハイレベルな生活を求め出してしまいます。

イェジの願いは美貌のおかげであっさりと叶い、やがて彼女は芸能人としてテレビに出るようになりました。
さらに偶然を装って近付いたジフンとも順調に親しくなっていき、交際後間もなく結婚を申し込まれます。
無論イェジは喜んで承諾し、なんの疑いも抱くことなく招待された彼の家へ足を踏み入れました。

ジフンの部屋はイメージ通り如何にも難しそうな本がずらりと並べられていましたが、そこで雰囲気にそぐわぬ高級ブランドの箱を発見したイェジは、きっと自分へのプレゼントだろうと考えて勝手に開封してしまいます。
しかし中身はなんと整形水で、さらに大量の若い女性の免許証まで見つけてしまったイェジは、思わず恐怖に慄きました。
彼こそが近頃世間を騒がせている連続失踪事件の犯人だと気付いてしまったのです。

身の危険を感じたイェジは咄嗟に逃げようとしますが、ジフンがそれを許すはずもありません。
必死の抵抗も虚しくイェジはジフンに捕らえられ、犯行に至った動機を彼の口から聞かされます。

実は以前のジフンは、イェジと同じく容姿のせいで周囲から貶められることに悩み苦しむ“女性”でした。
反対に彼女の実姉は「すごい美人」だからというだけで「ひどい嘘を言おうと、盗みを働こうと、イジメをしようと関係なく愛され続けた」らしく、その理不尽な格差を味わったジフンは「美しさに勝るものはない。この世でなによりも大切なものはただ1つ、それは美しさ」だと悟ったのだと言います。

結果として異様なほど美に執着するようになったジフンは、目をつけた女性を襲い、美しいと感じたパーツを奪うようになりました。
整形水を使ってイケメンになったのも、女性たちを籠絡し拉致しやすい状況に持ち込むためです。
イェジのことも、初めて顔を合わせた時からずっとターゲットとして狙っていたのでした。

ジフンの本性を知って恐怖に震えるイェジに対し、彼は「これからはいつも一緒」と優しく囁きながらその顔面にメスを入れます。
そして、整形水のおかげで難なく切り取ることが出来た彼女の瞳を、自身の左太ももへとくっつけました。

こうして己の一部となったイェジに、ジフンは「愛してるよ」と囁いてキスを落としたのでした。

ふゆねこの独断偏見レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
星4.0!!

本作はホラー映画に定評のある韓国の作品で、人間ならば誰しもが持っているだろう負の感情やとどまるところを知らない欲望の恐ろしさを描いています。

ひょんなことから魔法のように便利なアイテムを手に入れ、1度は成功を収めるものの、そこで満足しなかったがゆえに破滅への道をたどってしまう・・・というストーリーは日本人が昔から好んできた筋立てなので、韓国作品初挑戦の方も楽しめるでしょう。

原作はマンガですが、音と動きが加わったぶん内容的にも視覚的にも登場キャラクターたちの狂気やおぞましさがパワーアップしており、原作既読の方にもぜひ見て頂きたいと思います。

↓↓↓

【整形水】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

error: Content is protected !!