Netflix (ネットフリックス)

The Lost Daughter(ロスト・ドーター)【Netflix (ネトフリ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレなし

『The Lost Daughter(ロスト・ドーター)』2021年12月31日ネトフリ独占配信決定!

FuYu
FuYu
大学教授の女性(オリヴィア・コールマン)が休暇中にある女性とその娘に出会ったことをきっかけに、自身が若き母親だったころの思い出と対峙して・・!

『The Lost Daughter(ロスト・ドーター)』
日本公開年月日:2021年12月31日ネトフリ独占配信です!!

FuYu
FuYu
配信は大晦日だね!

「The Lost Daughter(ロスト・ドーター)」あらすじと予告編

引用:Netflix

ある女性のビーチでの休暇は、偶然出会した若い母親に夢中になったことで、過去の秘密と向き合わざるを得なくなり、暗転していき・・ (Netflix)

子育ての責任って、人を押し潰すものよ。

FuYu
FuYu
休暇に訪れた海辺の街でたまたま近くに滞在してる若い母親の姿を見て、過去の記憶が蘇って・・。予告PVでは上下に切れた仮面がすれ違う描写があるんだけど、これが目の前の若い母親と自分のすれ違い、ってことだよね・・(それとも自分の過去、か・・

「The Lost Daughter(ロスト・ドーター)」の評価

出典元:IMDb

IMDbでは6.7/10。

出典元:rottentomatoes

ロッテン・トマトでは92%となっています。

ロッテントマトは映画評論家による映画レビューをまとめたサイトで、赤いトマト→トマトメーターが60%以上。緑のトマト→トマトメーターが59%以下。フレッシュトマト認定→トマトメーターが75%以上かつトップ評論家の評論が5個以上入っているもの。ポップコーン→観客による評価。となります。

「The Lost Daughter(ロスト・ドーター)」を期待する声・レビュー

マギー・ギレンホールの監督デビュー作「THE LOST DAUGHTER」を観ましたが、母性についての素晴らしい映画でした。オリビア・コールマン(もちろん!)の演技も素晴らしいです。

— Tom and Lorenzo

この映画が大好き!それだけよ!

— Yolanda Machado

FuYu
FuYu
暗く悲しいはずの物語・・だよねちょっと期待・・!

「The Lost Daughter(ロスト・ドーター)」登場人物とキャスト紹介

監督・脚本はマギー・ギレンホール、出演はオリビア・コールマン、ジェシー・バックリー、ダコタ・ジョンソン、エド・ハリス、ピーター・サースガード、ダグマラ・ドミンチク、ポール・メスカル。

監督は、マギー・ギレンホール。彼女の長編監督デビュー作となります。

「世界中で、女性として経験することというのは本当にいろんなことがありますよね。自分自身、気付いてさえもいないかもしれない。私たち(女性)は、生まれながらにして黙っていることを求められているような気がします」

マギー・ギレンホール

FuYu
FuYu
女性ならではの意見をふんだんに映像に落とし込んでるみたいだね。

主演は オリビア・コールマン。ゾワゾワっとする彼女の悲痛な演技は必見です・・。

「The Lost Daughter(ロスト・ドーター)」のネタバレなしの感想

引用:Netflix

この『ザ・ロスト・ドーター』は、
イタリアの女流作家エレナ・フェッランテによる同名小説の映画化されたもので人生を左右する旅に出た母親をメランコニックに描く物語です。

一人で海辺の休暇を過ごしていたレダは、浜辺で見ていた若い母娘のことが気になってしまう。彼らの魅力的な関係(そして彼らの騒々しく威嚇的な大家族)に圧倒されながらも、レダは母親になったばかりの頃の恐怖、混乱、激しさに関する自分の記憶に圧倒される。衝動的な行動がレダを奇妙で不吉な自分の心の世界へと突き落とし、若い母親として行った型破りな選択とその結果に向き合うことになる。

FuYu
FuYu
親って一体なんなんだろうね、何が正しい親なの・・って考えさせられる・・。

「The Lost Daughter(ロスト・ドーター)」のネタバレ感想・考察