Netflix

『父さんのバイオリン』My Father’s Violin (トルコ映画)【Netflix (ネトフリ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレなし

『父さんのバイオリン』2022年1月21日ネトフリ独占配信決定!

『父さんのバイオリン』(原題:My Father’s Violin)
日本公開年月日:2022年1月21日ネトフリ独占配信です!!

ふゆねこ
ふゆねこ
お父さんを亡くしてしまった女の子と、そのバイオリニストの叔父さんの”家族”の絆を描く感動の物語、だね。

「父さんのバイオリン」あらすじと予告編

引用:Netflix

孤児になった少女は、成功したヴァイオリニストの叔父と彼らの共通の悲しみと音楽へのつながりを通して、絆を深めます…(Netflix)

「俺は死ぬ。

ふゆねこ
ふゆねこ
お父さんが亡くなってしまい孤独になってしまう少女。そしてその父が生前に弟に娘の面倒を看ることをお願いしていて・・。

「父さんのバイオリン」を期待する声・レビュー

出典元:rottentomatoes

ふゆねこ
ふゆねこ
同監督の前作の評価は高い!それだけに期待大。

「父さんのバイオリン」登場人物とキャスト紹介

出典:Netflix

監督:アンダチ・ハズネダロール

キャスト:
エンジン・アルタン・ドゥズィヤタン
ベルチム・ビルギン
ギュリザル・ニサ・ウライ

監督は、アンダチ・ハズネダロール監督。

ふゆねこ
ふゆねこ
この同じく感動巨編の『ホタルを見たことありますか?』の監督も務めました!

主演は、エンジン・アルタン・ドゥズィヤタン。

ふゆねこ
ふゆねこ
『スカイ・イーグル』に出演していた俳優さんです。

「父さんのバイオリン」のネタバレなしの感想

引用:Netflix

この映画は、ヴァイオリンの名手として成功したメフメトが、8歳”めい”であるオズレムとの絆を深めていく物語です。

ある日突然、ヴァイオリニストのメフメトはしばらく音信不通だった兄から自身が突然死ぬことを告げられます。

ふゆねこ
ふゆねこ
そしてその兄には娘さんがいた・・。

自身がもうすぐ亡くなることを悟った兄は、娘のオズレムをメフメトに預けるのです。

これまでの人生、独身でずっと過ごしてきたメフメトは子供どころか、その兄の娘にすら会ったことがありませんでした。

どう扱ったらいいかわからないメフメトですが、
自身のバイオリンをきっかけにその娘のオズレムと打ち解けるきっかけをつかみます。

ふゆねこ
ふゆねこ
そして少しつづだけど面倒を看るようになるメフメト・・。

ですがある出来事があり、”児童福祉課”を訪れるシーンがあります。

ふゆねこ
ふゆねこ
仲良くなったオズレルが・・取られちゃう・・?

折角お互いに打ち解け始めたのですが…
オズレルはどうなってしまうのか、また“父さんのバイオリン”の意味は何なのでしょうか。

ふゆねこ
ふゆねこ
前作も涙なしでは観られない映画を作った監督の期待の新作。楽しみだ・・!!

「父さんのバイオリン」のネタバレ感想・考察

error: Content is protected !!