Amazon Prime Video

【漫画原作実写化映画】『約束のネバーランド』【Amazon Prime Video (アマプラ)独占配信】 あらすじ考察感想評価ネタバレなし

『約束のネバーランド』2022年1月18日アマプラ独占配信決定!

『約束のネバーランド』
日本公開年月日:2022年1月18日アマプラ独占配信です!!

全世界での累計発行部数2500万部を超えた、「約束のネバーランド」(原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか)が禁断の実写映画化!

ふゆねこ
ふゆねこ
原作はすでに完結済みで原作は最高のストーリーラインだったから映画の方も期待・・!!

 

↓↓↓

【約束のネバーランド】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

「約束のネバーランド」あらすじと予告編

引用:Amazon Prime Video

幸せに満ち溢れた楽園のような孤児院、
「グレイス=フィールドハウス」。

そこで暮らす孤児たちは、
母親代わりでみんなから“ママ”と呼ばれている、
イザベラ(北川景子)のもと、
里親に引き取られる年齢になる日を待ちわびていた。

エマ(浜辺美波)、レイ(城桧吏)、ノーマン(板垣李光人)の3人も、
いつか外の世界で暮らすことで、より幸せな日々がやってくると信じていた。

“その日”がくるまでは……。(Amazon Prime Video)

「僕らなら逃げられる!脱獄だ!」

ふゆねこ
ふゆねこ
実は本作品はプロデューサーの村瀬Pが連載の5話までを読んでいてもたってもいられなくなってすぐに映画化へ向けて動き出してできた作品なのです!

「約束のネバーランド」の評価

映画元になった原作様コミックの評価となりますが、

出典元:Amazon

Amazonでは4.7/5.0。

出典元:rakutenbooks

楽天ブックスでは総合評価 4.48となっています。

ふゆねこ
ふゆねこ
原作様評価高すぎ・・いや、これ漫画も至高なので是非・・!!

 

「約束のネバーランド」を期待する声・レビュー

ふゆねこ
ふゆねこ
アマプラ最高・・!!泣

ふゆねこ
ふゆねこ
原作読んでなくても楽しめる!!

↓↓↓

【約束のネバーランド】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

「約束のネバーランド」登場人物とキャスト紹介

監督:平川雄一朗
原作:白井カイウ
作画:出水ぽすか
脚本:後藤法子

【キャスト】

浜辺美波
北川景子
城桧吏
板垣李光人
渡辺直美

監督は、平川雄一朗監督。

ふゆねこ
ふゆねこ
監督は平川雄一朗(メガホンをとった作品は『ROOKIES ー卒業ー』、ドラマ「義母と娘のブルース」)監督。脚本は後藤法子さん(映画『僕だけがいない街』、ドラマ「嘘の戦争」)。

主演は浜辺美波さん!

「約束のネバーランド」は、今回のお話しを頂く前から熟読していて、本当に愛してやまない漫画です。(連載中のジャンプに加えてコミックスも買いましたが、さらに電子書籍も購入しているほど!)そんな原作の実写映画化をするにあたって、美しい世界観を表現することの難しさに頭を抱えた事も多々ありましたが、この作品に懸ける平川監督をはじめとするスタッフの皆様と、元気いっぱいの子供たち、そして何よりも私の中にある原作愛を原動力にすることで、迷いを乗り越えて、この作品でエマを演じることが出来て良かったと思えるようになりました。私と同じように原作を愛する方々の想像を超える“ネバーランド”に、皆様を導けるよう全力を尽くします。(浜辺美波)

ふゆねこ
ふゆねこ
【主な映画出演作】『映画 賭ケグルイ』シリーズ『屍人荘の殺人』などが有名ですが、個人的No.1は『君の膵臓を食べたい』です。あの浜辺美波は人を殺しにかかってるくらい可愛かった・・。

 

また主題歌ですが、『ずっと真夜中でいいのに』さんが担当!

ふゆねこ
ふゆねこ
この高音ボイスいいよなー。YouTubeのアニメMVも好き・・。ハリネズミかわいい・・。

「約束のネバーランド」のネタバレなしの感想

引用:Amazon Prime Video

「その楽園から脱獄せよ。 私たちの未来のために―。」

幸せに満ち溢れた楽園のような孤児院、「グレイス=フィールドハウス」。

ここは身寄りのない子供たちを引き受ける施設で、里親が見つかるまで教育を施し、幼い子供たちが孤児ではありますが、皆幸せそうにそれぞれの時を過ごしています。

グレイス=フィールドハウスの孤児であるエマ、レイ、ノーマンの3人も、いつか外の世界で暮らすことで、より幸せな日々がやってくると信じていました。

ふゆねこ
ふゆねこ
でも・・里親が見つかる=”食料として出荷される”こと、だった・・(ゾワゾワッ…。

そう……、皆が「楽園だと信じていた孤児院」は、実は「鬼に献上する食用児を育てる農園」で、さらには母親のように慕っていたママは、「最上級の食用児を育てる飼育監」だったのです。

ふゆねこ
ふゆねこ
最悪だ…。

全てが偽りだったと気づいたエマ、レイ、ノーマンの3人は、
孤児たち全員を引き連れた、無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせるのです……。

ふゆねこ
ふゆねこ
この檻からの脱獄…!でももちろん”ママ”の監視は厳しいし子供たちが逃げられないような罠が張り巡らされていて…。

エマ、レイ、ノーマンの3人は、
優秀な子供たちの多い孤児院の中でも”超優秀”の子供で、その知性は一般人を遥かに上回ります。

果たして孤児たち全員はこの”楽園”から脱獄できるのでしょうか・・・!!

ふゆねこ
ふゆねこ
この“今まで信じてた世界が全て偽物だった”系の設定、大好物です…。

↓↓↓

【約束のネバーランド】を今すぐ観る!
Amazonプライム会員登録で
好きな映画が月500円で今すぐ観れる!

※【しかも30日間は無料!】

「約束のネバーランド」のネタバレ感想・考察